React HOC(Higher-order component)をTypeScriptで使う

ReactのComponentのリファクタリングなどの際に、HOC(Higher-order component)で
コンポーネントを拡張することがあるが、TypeScriptでの実装をするにあたりお試しした備忘録。

Typescript React Patternを再確認

TypescriptでのReactアプリケーション開発において、
パターン的なものを一旦個人的な備忘録としてまとめておく。
登録・削除機能のみの簡単なアプリを作ることにする。

Reactの新しいContext APIを学ぶ

React v16.3ではContext APIが刷新され、コンポーネント間のデータの受け渡しが
バケツリレー的な手法から直接データストアから状態を取得できるようになっている。
ということで、まず試してみる。

CSS APIを操作する (CSS Houdini)

ここ最近のChromeのアップデートでHoudiniプロジェクトで進められている機能が試すことが可能となったということでざっと眺めてみた。

golangの関数のオプション引数を実現する

Gopherなら既にご存知なのだろうけど。
Golangでインスタンスを作成する際に可変長引数を受け付けつつ、拡張を考慮した設計をしたかった。
デフォルト引数を使えればいいけど、Golangにデフォルト引数はないので、色々と探してFunctional Option Patternということを
知ったのでメモ。

Node.jsのアドオンをN-APIで実装する

Node.js 8.0からはN-APIというものが試験的にサポートされている。
これはNode.js APIのABI(Application Binary Interface)-stableな中間レイヤでこれを使うことでネティブアドオンの開発が効率的になる。